スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自動車会社の業績の展望は・・・

4~12月期決算 自動車8社出そろう 視界不良の全社増益(Yahoo News―産経新聞より)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080207-00000083-san-ind

要するに、これまでは円安などの好環境があって自動車会社は3Q時点までは右肩上がりの業績を記録していますが、4Qあるいは来期においては市場環境がそれまでと変わっているので今期以上の好業績は望めないのではないかという悲観的な予測を各自動車会社が抱いているということのようです。実際に市場環境の影響というのはすでに3Q時期で起きています。代表的なのがトヨタの3Qで、「3Q時点」では過去最高業績を記録しているの対して「3Q時期(10~12月)では業績の伸びとしては決していいとはいえません(つまり、中間期までの貯金で過去最高業績になっているといってもいいくらい)。

現在の時期が自動車会社にとって4Qの時期に当たるわけですが、ご承知のとおり市場環境としては非常にいいとは言えず(特に北米)、これから逆風というものが予想されますが、その中で自動車会社はどのような経営戦略を構築していくのかということが各自動車会社の来期の課題であり、真価を問われる時期になってきそうな予感がします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。