スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「楽天市場」はヨーロッパで通用するか

(NIKKEI NETより)

楽天、ネット通販で欧州進出・ルクセンブルクに現法設立

 楽天は7日、インターネット通販で欧州に進出すると発表した。ルクセンブルクに中核拠点となる現地法人を設立、数年内に英仏など欧州でネット通販事業を始める。台湾に続き欧州地域でも仮想商店街を展開し、海外進出に弾みを付ける。

 全額出資子会社、楽天ヨーロッパを2008年3月末までに設立する。資本金は約1億円。戦略立案やシステムの開発・運用を受け持つ。楽天は今後2―3年以内に英仏など欧州数カ国へ進出する。各国で出店店舗と会員を募り、現地語での仮想商店街サイトを開設。日本の「楽天市場」と同様の事業を展開する。

 ルクセンブルクに現地法人を設立することで、欧州各国に効率よく進出できると判断した。会見した楽天の三木谷浩史社長は「欧州ではネット普及率が高く、電子商取引は日本の4倍程度の市場規模がある」と期待を示した。

(ここまで)

関連記事:楽天、台湾に続いて欧州で「楽天市場」開設へ(Yahoo News―@ITより)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080207-00000004-zdn_ait-sci

楽天が、日本で成功した「楽天市場」というビジネスモデルを引っ提げてヨーロッパに進出します。楽天ビジネスモデルは世界中で楽天しかなく、マーケットとしては十分チャンスがあると考えている」というのが楽天・三木谷社長の言ですが、楽天ビジネスモデルが通用すればこれはこれで大変な出来事になることは間違いありません。当然即通用するとは考えていないでしょうが、長期的視点を持ってヨーロッパに「楽天」「楽天市場」の存在を徐々に浸透させてもらいたいものです。

楽天がヨーロッパの本拠をルクセンブルクに置くことにしたのは、立地的に環境がいい=「多言語を操ることができる優秀な人材が多い」「ドイツやフランスなどに囲まれているため、大国へのアクセスがしやすい」=という理由で決めたようですが、変にロンドンパリに本拠を置くよりはルクセンブルクという小国ではあるものの条件的には申し分のないところでスタートを切ったほうがやりやすいかもしれません。
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。