スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日航会長、会社の経営再建を見届けて退任へ

(NIKKEI NETより)

日航、営業黒字転換・4―12月3年ぶり、国際線がけん引

 日本航空が8日発表した2007年4―12月期の連結業績は、営業利益が825億円となり前年同期の58億円の赤字から黒字に転換した。4―12月期の営業黒字は04年以来、3年ぶり。アジアを中心に国際線が好調だったことに加え、07年2月に掲げた再建計画で進めたコスト削減も奏功した。

 売上高は前年同期比2%減の1兆7011億円。子会社のJALUXが持ち分法適用会社になったことが響いた。純利益は前年同期の93億円の赤字から204億円の黒字となった。

(ここまで)

平成20年3月期 第3 四半期財務・業績の概況(日本航空のリリース)

日本航空の3Q決算ですが、中間の時と同様に昨年同時期とは比べ物にならないほどの業績回復数値を示しています。当然メインの旅客部門が頑張ったのはもちろんのこと、経営再建を図る上での人的コストの削減(早期退職優遇による割増退職金の支払で約74億円もの特損を計上することもリリース)や資産の切り売りといったことも日航の業績を図る上では忘れてはならないことであると思います。最終利益としてとにかく70億円は計上できそうだということが経営再建の過程としては何より嬉しい数字ではあると思います。

日本航空経営再建のある程度のメドがつくのを見届けて、

日本航空・新町会長が退任へ、体制若返り図る(Yahoo News―読売新聞より)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080208-00000011-yom-bus_all

というように現会長が退任するということになりますが、日航としては未だに「カネが欲しい」のは変わらない(取引先の商社などによる増資お願いや主力金融機関に対する出資お願いは一体どうなったのか・・・?)、JALカードの一部売却先もまだ決まったわけではないので、まだまだ油断は禁物といった状況は続くのでしょう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。