スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

mixiに成長余地はあるのか・・・?

「危機感あるが、頭打ちではない」 mixi笠原社長に聞く成長戦略(Yahoo News―ITmedia Newsより)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080208-00000027-zdn_n-sci

SNSのトップをひた走っているmixiですが、あらゆる形態でのSNSが当然の現在ではつい最近までのように興味本位で当たり前のようにmixiに加入するということが少なくなり、中身も過剰になりすぎて「ユーザーが急増して知り合いやコミュニティなどが見つけにくくなった」結果として「mixiに参加しても友人を見つけることができず、楽しさを知らないままログインしなくなる――そんな機会損失がある」→mixiのアクティブ率が低くなるという危機感を社長は持っているようです。

それでも「成長余地はある」というのが社長の考えのようです。「目指すのは「つながりたい人とつながる」仕組みの再構築」「今後は、ユーザーが作成した映像や音楽、画像などが集まるプラットフォームにもしていきたい」という視点で「個人同士がつながるプライベートなコミュニケーションツール」であることを再認識してもらえるようになればユーザー数もまだまだ伸びる余地があるというように感じているようです。「mixiに飽きた」と言われないようにするためにいろいろなことを考えていくことがミクシィ・笠原社長のミッションであるのではないでしょうか。

今日のミクシィ株は主要株主のngiがストップ安近くまで売られてしまったのにつられて今日の終値は100万円を割ってしまいました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。