スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まだまだ広がりそうな気配のいわゆる「餃子問題」

徳島で新たに4袋の冷凍ギョーザ外側からジクロルボス(Yahoo News―読売新聞より)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080210-00000024-yom-soci

一般における食の安全はともかく企業の事業統合がパーになってしまうくらいの大問題(JTが完全子会社化する加ト吉の株式を完全子会社化終了後に株式の49%を日清食品に譲渡し、冷凍食品事業で連携する予定だった)になってしまったいわゆる「餃子問題」ですが、まだまだとどまることを知らない状況は変わらなさそうです。「一体どこまで広がってしまうのか」「(中国に限らず)外国産の冷凍食品はどこまで安全なのか?」という不安がさらに拡大しかねません。

こうなってしまうと単に「危機管理」の問題では済まされなくなってしまうような気がします。以前問題になった牛肉の問題とかも突然問題になってあっという間に広がったわけですが、「ここの食品は安全」「ここは一度問題になったから危なさそう」という観点で食料品を選択しなければならなくなる(そういう可能性は十分ありえる)というのは、世知辛い世の中になったものですが、最終的に言いたいのは「一体どういう過程でこういう事態を招いたのか、真実を知りたいし教えてほしい」というのが全消費者の願いでしょう。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。