スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二転三転? 橋下府知事の発言

橋下知事、発言にぶれ 当初予算案で府債発行160億円 人件費カット先送り(Yahoo News―産経新聞より)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080210-00000938-san-pol

大阪府の財政危機の源泉となっている府債をめぐって、橋下大阪府知事の発言が「原則認めない」→「考える」→「やはり原則ダメ」→「ゼロにはならない」と二転三転しているようです。正直言って政治のことはもちろん地方行政について全くゼロの状態で行政のトップになるわけですからそうなる前の理想とそうなった後の現実とのギャップというものが当然あるわけですし理解しなければならないでしょうが、それにしても発言が二転三転するのでは大阪府民としては「何かいやだな」という雰囲気というものを感じ取っている人はすでにいるものと思われます。

ただ、橋下知事が何期知事を勤めるのかはわかりませんが、発言を二転三転もできるのは大阪の行政というものをゼロから吸収する今の時期しかないのであって(本当は今でもそんなことがあっては困るのでしょうが)、とりあえずの任期満了までに大阪府の財政再建にどこまで踏み込めるかということが何よりも大事なことです。とにかく橋下知事にとって心配なのは大阪府庁(の人間)に上手く丸め込まれないか、ということです。上記の二転三転発言を見る限りでは何かそんな予感がしないでもないですが・・・。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。