スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いわゆる「名ばかり管理職」についての相談が殺到

<名ばかり管理職>電話相談に5時間で130件(Yahoo News―毎日新聞より)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080212-00000017-mai-soci

マクドナルドにおけるいわゆる「名ばかり管理職」裁判で東京地裁マクドナルドに対して敗訴を言い渡したのは記憶に新しいですが、実際に企業のパワーバランスなどでマクドナルドのように裁判に打って出るケースというのはごく少数=大部分は泣き寝入りになっている現状を少しでも解消するために日本労働弁護団が電話相談を開設したところ、わずか5時間で130件という殺到状態になってしまったようです。それだけ「名ばかり管理職」ということに対して困っているということが明白なわけです。

また、こういう電話相談に限らず労働基準監督署に直接相談に行くという手段もあります。利用できそうなものについてはどんどん利用すべきなのですが、マクドナルドをはじめとした企業の姿勢というのも大きく問われることになります。いきなり変えろとまでは言いませんがセブンイレブンのようにマクドナルドの判決をきっかけに「店長の待遇」について方針を方向転換するというケースもあるわけですから、よく考えてもらいたいものです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。