スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(差替)「スマッシュブラザース」の新作、2週間で100万本以上売れる

<スマブラX>2週間で100万本突破 Wii史上最速、読み込み不良ものともせず(Yahoo News―毎日新聞より)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080212-00000010-maiall-game

任天堂という企業はファミリーコンピュータの時代から現在のWiiに至るまで優れたハードメーカーであると同時に、ファミコン時代はスーパーマリオブラザーズから現在のスマッシュブラザーズに至るまで優れた「ソフトメーカー」でもあるわけです。その「スマッシュブラザーズ」の最新作がわずか2週間で100万本以上売れるという大ヒットソフトになっているということで話題になっているようです。「当初予定の1月24日から1週間発売が延期され、その後Wiiのレンズの汚れが原因でディスクが読み込めない不具合が発生、任天堂がレンズの無償洗浄を実施するなどの問題もあった」にもかかわらずこの結果ですから、人気のあるソフトは何が何でも欲しいのだということでもあります。今のところは業績上方修正が当たり前なのもうなずけるところだと思います。

Wiiも次第に当たり前のように置かれて(在庫もできつつある)きているようなので、Wiiがより普及すれば「スマッシュブラザーズ」に限らず(任天堂の自社開発に限らず)ソフトも売れ行きは増してくるでしょうから、任天堂としてもなんとかその状況を当たり前のようにできるべく努力を重ねてほしいものです(そろそろそういう体制ができつつあるのかもしれませんが)。また、こういう大ヒットソフトをいかにコンスタントにリリースできるかというところも今後の課題になってくるでしょう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。