スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

橋下知事に求められるものは「注目」ではなく「結果」

「遅刻発言」バトル、橋下知事がNHKに“圧勝”!(Yahoo News―報知新聞より)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080213-00000115-sph-ent

発言から行動までその全てが良くも悪くも注目されてしまう橋下大阪府知事ですが、その代表例があらかじめ最初からは出られないと断りを入れたにもかかわらず場を和ませる目的でNHKのアナウンサーが発した「遅刻」発言に態度を硬化させ、「NHKのスタジオには行かない」とまで言わしめてしまったNHKとの対応です。この対応に対してNHKが視聴者からのアンケートを集めたところ、圧倒的に「NHKが悪い」とのことでNHKの対応に批判が集中したという感じです。

もっとも、こういうことばかりが話題になっては困るのであって、橋下知事に求められるのはすでに「死に体」といわれている大阪府の財政再建であり、地方行政としてのリーダーシップです。注目が集まってしまう以上覚悟はできているものと思いますが、「4年間の猶予が与えられた」のか「残された時間は4年間しかない」のかというどちらの意識でも結果を出すことが大阪府民から義務付けられているということは常に認識してほしいものです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。