スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メーカーの威信=消費者無視、なのか?

東芝撤退、HD買った人は? 規格戦争で消費者置き去り(ITmedia Newsより)

東芝HD DVD事業を事実上断念することでクローズアップされるのが「消費者置き去り」「消費者無視」の結果としてこういう事態を招いたという論調です。このITmedia=産経の記事はまさにその内容です。正直言ってこういう論調には賛同できません。ユーザー(消費者)を無視した商品開発などありえないわけですから。メーカーは新しい技術を開発したら今度はどうやってそのアドバンテージをユーザー(消費者)伝えるかということが本業であるわけですから規格が違えばそれをめぐる争いがあるのは当然のことです。次世代DVDについてはどうも「メーカーの論理」というものが先走りすぎてしまったような気がしてなりません。それをメディアが煽った結果の結末が今回のような結果になったことも否定はできないでしょう。

明日にも東芝は今後のHD DVD事業の対応についてIRを出すでしょうが、その内容が非常に気になるのは当然のことです。ソニーが「ベータ」VTR機でなめた屈辱を今度は東芝が体験することになりますが、だからといって今回の「BD」対「HD DVD」(昔でいえば「VHS」対「ベータ」)といった事態がなくなるかといえば、間違いなくなくならないと思います。理由は上記のとおり、メーカーという企業の性質上規格で対立するということが避けることができないからです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。