スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鉄鉱石、65%の値上げでブラジルと日本の各製鉄会社が合意

(NIKKEI NETより)

鉄鉱石、08年度65%値上げ・ブラジル大手と鉄鋼各社が合意

 新日本製鉄JFEスチールなど日本の鉄鋼大手は18日、ブラジルの資源大手ヴァーレ(旧リオドセ)と2008年度の鉄鉱石価格を07年度に比べて65%引き上げることで合意した。値上げは6年連続で、最高値を更新する。他の資源大手とも同様に決着する見通しで、鉄鉱石を全量輸入する国内鉄鋼業界は5000億円近いコスト負担増になる。鉄鋼各社は近く自動車用鋼板などの大幅値上げを正式要請する。

 住友金属工業神戸製鋼所も同日、65%上げで合意した。対象はブラジル産の粉状鉄鉱石(粉鉱石)で、日本の鉄鉱石輸入量(年間約1億4000万トン)の6割強を占める。価格は1トン約48ドルから同80ドル弱に上がる。上げ幅は1トン30ドル強と、従来の上げ幅の最高だった05年度の約16ドルの2倍に当たる。鉄鋼各社は豪英系BHPビリトン、同リオ・ティントとも近く同じ65%上げで合意する見込み。

(ここまで)

関連記事:<鉄鉱石>65%以上の大幅値上げへ 新日鉄・JFEが発表(Yahoo News―毎日新聞より)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080218-00000049-mai-bus_all

新日鉄が鋼材を値上げするような記事が以前の日経の記事に載っていましたが、それが新日鉄だけでなくJFE住友金属神戸製鋼など製鉄会社大手が揃って値上げすることになりそうです。結局鋼板などの原料である鉄鉱石にしても外国から輸入しなければならないという「輸入大国ニッポン」を象徴するような出来事だと思います。原材料が高騰すればそれが当然に価格に転嫁されるわけですからそれに全く対応できないのが現在の日本の現状でしょう。

これですでに行われている食料品だけでなく生活用品や生活インフラに必要なモノも間違いなく値上げされることになります。本当に「何でもかんでも」値上げという時代になってきてしまっていることをひしひしと感じざるを得ません。我々もきついですし企業もキツイ状況になってきますから、ここはどうしても「政府の力」にすがりたいのですが現状の政府が頼りになるかというと大きく疑問符が付いてしまうので、本当に自助努力というのが要求されてしまう時代にもなってきているのでしょう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。