スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東芝、HD DVD事業の断念・終息を正式発表

HD DVD事業終息、東芝が宣言(Yahoo News―ITmediaより)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080219-00000054-zdn_lp-sci

HD DVD事業の終息について(東芝のリリース)

ということで、先週末から報道されていた東芝HD DVD事業断念の件ですが、ようやく今日の17時に東芝HD DVD事業継続断念のリリースを出しました(社長の会見も行われているはず)。東芝HD DVD事業を「終息」という形で述べていますが、内容的には「継続断念」と言ったほうが正しいでしょう。継続断念に至った理由を「本年初頭の大幅な事業環境の変化に際し」という形で述べています。つまり、ワーナーの両規格支持からBD支持に一本化したというワーナーの「変心」とウォルマートが「BDしか置かない」と決断したことが「本年初頭の大幅な事業環境の変化」であり、肝心の北米で決着がついてしまったことで「これはもう無理」と東芝は決断したわけです。

3月にはHD DVD事業を完全に終わらせるということ、これまでHD DVDを支持してくれたユーザーに対してはアフターサービスを継続して行うことも公表していますが、今期の業績については改めて見直すとのことです(事業整理にかかる特損がいくらくらい計上されるのでしょうか、気になるところ)。その代わりに収益源の一つになっている半導体事業を強化するために新工場を建設するわけですが、傷の深くならないうちに諦めるということも重要だということを痛感させられます。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。