スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シャープとソニー、液晶パネル事業で合弁ということですが・・・。

(NIKKEI NETより)

ソニー、シャープと液晶パネル共同生産

 ソニーは新たな液晶テレビ用パネルの調達先にする方針を決めたシャープと同パネルを共同生産することで基本合意した。シャープが堺市に建設中の新工場の運営会社にソニーが1000億円超を投資する見通し。ソニーはパネルの長期安定調達のために自ら生産にも関与、シャープも投資負担を軽減できると判断した。韓国サムスン電子液晶パネルを合弁生産してきたソニーは新たにシャープとも組み、世界市場で攻勢を強める。

 26日午後にソニーシャープの両社長が都内で記者会見を開き、発表する。シャープは総投資額3800億円で堺市に新工場を建設中で、2009年度にも稼働させる計画。ソニーは新工場の運営会社に出資して、調達するパネルに見合う額を投資する。

(ここまで)

関連記事:ソニーとシャープ、大型液晶パネルに関する合弁会社設立で合意(Yahoo News―ロイターより)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080226-00000065-reu-bus_all

それにしても、ソニー液晶パネルに関する急激な「豹変振り」は凄いですね。シャープから液晶パネルを調達するだけでなく、共同生産もしようとしているわけですからね・・・。液晶といえば最大の技術アドバンテージを握っているのは当然シャープですからやはり「勝ち馬に乗る」方針なのでしょう。その代わりに1000億円ほどカネを出すということで「タダ乗りはしない=カネは出すから、液晶パネルを共同生産させてくれ」とソニーが頭を下げたのでしょうか。

ただし、気になるのが14時に発表された共同リリースではあくまでもシャープソニーの意向を確認する「意向確認覚書」にすぎず(つまり正式発表ではないということ)、両社の交渉次第ではポシャッてしまう可能性もないわけではないというニュアンスも幾分含まれているようにも思われるわけです。9月30日まで水面下ではギリギリの交渉が続けられるのでしょうね・・・。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。