スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

残業代、5年ぶりに減少

<残業代>支給額5年ぶり減 7月分勤労統計(Yahoo News―毎日新聞より)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070903-00000015-mai-bus_all

厚生労働省が発表する毎月勤労統計のデータ上では、残業代をはじめとして残業時間も(平均給与総額も)減少しているということです。特に残業代については5年ぶりの減少だということです。「一般的に労働時間や賃金が低いパート雇用が増え、全体の水準を押し下げたことは推測できる」というのが厚生労働省の見解ですが、はたしてこれが全てにおいて該当するのでしょうか。

正直言って、ある程度の参考にはなるのでしょうが、これを全て鵜呑みにするのはどうかなと思います。労働環境にしても大企業から零細企業まで見ると大きく異なるのは事実ですし、残業代が減少したといっても未だに蔓延る「サービス残業」が存在することも忘れてはなりません。何といっても平均給与総額は8ヶ月連続で減少しているということのようですから、完全な景気回復のレベルには至っていないということも表していると思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。