スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東芝とIHI、原発事業でタッグか

東芝とIHI、原発で提携へ…エネルギー事業統合も(Yahoo News―読売新聞より)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080229-00000003-yom-bus_all

東芝の「カネのなる木」となっているのが半導体部門とカザフスタンのウラン採掘権を取得しているレベルにまでなっている原子力発電部門ですが、その原発部門についてIHIと手を組もうという(実際には東芝IHIに「組んであげる」という感じが強いかも)動きがあるようです。具体的には「IHIの同事業部門を別会社にして、東芝が出資する案などを検討している。将来は東芝原子力関連などの部門をこの別会社に合流させる形で事業統合も視野に入れている」ということなので東芝としてはかなり本気で考えているようです。

上記読売の本記事では、東芝としては次世代DVD規格は降りたものの同時に半導体事業の強化もリリースしたことに加えて「世界的に成長が見込める原発プラント半導体事業の競争力を一段と強め」たいという「選択と集中」路線をより強化させていきたいということ、IHIとしてはその東芝と手を組むほうがプラント事業の失敗による経営混乱を鎮める効果があるというよう書かれており、事実ならば両社共にメリットがあるわけですが、より詳しいことについては正式な発表を待ったほうがいいかもしれません(おそらく今日はお決まりの「決定した事実ではない」リリースが出るでしょうから)。
東芝が早速否定のリリースを出しました(その後IHIも同様のリリースを出す)が、ニュアンスとしては本当に「知らん」という意味合いを持たせているようです。水面下では動いているのかもしれませんが・・・。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。