スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日航、やっと「カネを出してもらえる」ことに

<日本航空>資本増強、リストラ継続を柱に 再建計画発表(Yahoo News―毎日新聞より)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080229-00000122-mai-bus_all

第三者割当による株式の発行に関するお知らせ(日本航空のリリース)

かねてからの懸案であった日本航空の「おカネ出してください」というお願い=増資の内容が再生経営計画と共に発表されました。すでに報道にあったように1500億円(実際には1515億円)を引き出すことに成功した模様です。使い道は3年間の再生経営計画と連動している感じで飛行機・設備投資に回すことにするようです。逆に言えば経営再建が成し遂げられることを前提に銀行や商社などから「カネを出してもらった」わけですから、これでまた再建が暗礁に乗り上げたとなれば本当に日航は経営危機に陥ってしまいます。

日航もその点は十分にわかっているでしょうから、「カネを出してもらった」(悪く言えば優先株とはいえ株券を大量に印刷した)だけの成果というものをしっかり「カネを出してもらった」企業群に見せなければなりません。おそらく「カネを出してもらう」のはこれで最後になるでしょうから、「これでダメならば日航は終わり」という強い気持ちで経営再建のために努力してもらいたいものです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。