スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(差替)それにしても、ひどい市場環境・・・

(NIKKEI NETより)

日経平均全面安、午前終値545円安の1万3057円

 3日の東京株式市場日経平均株価は3営業日連続で下落し、1万3000円に迫る場面もあった。東京証券取引所の第1部銘柄の9割超が下げる全面安の展開となった。週末の米国株市場が金融不安の再燃で大幅安となった流れを受けたうえ、先週来の円高進行で輸出企業を中心に業績悪化懸念が広がった。

 日経平均の午前の終値は前週末比545円93銭(4.01%)安の1万3057円09銭。

 朝方から株価指数先物に売り注文が集中し、現物株にも売りが波及した。日経平均の過去3日間の下げ幅は800円以上に達した。金融株のほか鉄鋼など世界景気に敏感とされる素材株、電機、自動車など輸出関連株の下げ幅が拡大した。

(ここまで)

関連記事:東京株、午前は545円安(Yahoo News―産経新聞より)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080303-00000909-san-bus_all

それにしても、ひどい(というよりは酷いと言ったほうが正しいかも)市場環境ですね・・・。ドルはいつの間にか(一時的に)102円台になってしまっているし、それに連動して日経平均も先週は14000円台に乗るか乗らないかというレベルがまた13000円台を割ってしまうようなレベルになってしまっているし・・・。現在の市場はとにかく何をやってもうまくいかないという最悪のスパイラルに陥ってしまっているような感じです。

この分では午後も市場環境の回復には期待が持てないし、当然今後の市場環境の展開というのも非常にネガティブに考えたほうがよさそうです。何か一つでも「当たり!」というべき材料があればいいのでしょうが、今の状況ではしらみつぶしに好材料を捜そうとしても出てくるのは悪材料ばかりですからね・・・。本当にいつまでこのような状況が続くのか、先が見えませんね・・・。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。