スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パナソニック、三洋電機を買収か!?

(NIKKEI NETより)

パナソニック、三洋電機買収交渉へ 年内合意めざす

 パナソニック(旧松下電器産業)は三洋電機を買収する方針を固め、三井住友銀行など三洋の主要株主3社と11月中にも交渉に入る。三洋株の過半を取得する案が有力で、年内の基本合意を目指す。三洋の電池事業を取り込み成長を加速するのが狙いで、合意すればパナソニックの年間売上高は11兆円を超えて国内最大の電機メーカーになる。電機大手同士のM&A(合併・買収)は初めて。米金融危機で世界経済が急減速するなか、大規模な産業再編が動き出す。

 三洋三井住友銀、大和証券SMBCグループ、米ゴールドマン・サックスグループの金融3社が大株主になっており、三洋の優先株を計4億3000万株弱保有している。パナソニックは近く3社と交渉に入り、三洋の資産査定に着手する見通しだ。

(ここまで)

三洋買収で交渉へ=三井住友銀など大株主3社と-パナソニック(Yahooー時事通信)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081101-00000026-jij-soci

この記事を最初に報じたのは日経か時事通信のいずれかですが、他のメディアにも報じられているようなので、もはや周知の事実ということになるのでしょう。パナソニックとしては、おそらく社名変更後の初の大型プロジェクト(であるM&A)になるのでしょう。パナソニック三洋電機の本社は非常に近い場所にありますし、経営再建途上ではあるもののアドバンテージのある事業(電池事業)を持っている三洋を買収するということになれば、パナソニックとしても大きなイメージアップになる可能性は大きいでしょう。もっとも、三洋を「買う」にあたってどれくらいの「キャッシュ」が必要になるかというのが非常にカギとなりますが・・・。今度は三洋の「一事業部門」ではなく、「三洋そのもの」を「買う」ということになりますから。

一方の三洋ですが、三洋の立場としたらどうなるのでしょうか。大株主のSMFG(三井住友銀行)などからすれば早く買ってもらいたいのでしょうが、パナソニックが三洋の資産価値をどれだけ(高く)見積もってくれるかにかかっているのではないでしょうか。また、三洋の社内においてもこれに関するいろいろな噂が飛び交うのでしょうね・・・。

現時点で両社からのリリースはまだありませんが、3連休の最中だというのに両社のIR部は休日返上ということになるのでしょうか・・・。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。