スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TBSの特別委員会、楽天問題の結論を今週中に判断か

TBS特別委 楽天問題、週内に判断 「乱用的買収の可能性」(Yahoo News―産経新聞より)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070904-00000909-san-bus_all

おそらく楽天問題の最終判断の可能性について報じたのはこの産経の記事が最初かと思われますが、産経は「楽天は乱用的買収者の可能性が強い」ということを想定して記事を書いているようです。仮に想定どおりになれば最終的には「楽天TBS株を20%超へ買い増した段階で、TBSは楽天以外の株主に新株予約権を発行し、実質的に楽天の保有比率を下げることができる」というこの間のブルドックソーススティール・パートナーズに限定した買収防衛策に似たようなことが行われることになっていますから、TBSとしては「早く(それを)判断してくれ」と願っていることだと思います。

一方の楽天は未だに強気の姿勢を崩していませんが、社内としては徐々にTBSに外堀を固められつつあるということは十分に認識しているはずです。最後の賭けに出るとすれば今しかないはずですが、かなり厳しい状況にあることは間違いないものと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。