スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リニア新幹線開通後の既存の新幹線の行方

リニア、新大阪駅乗り入れへ=「直線ルート」楽観視-JR東海会長(Yahoo―時事通信)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081107-00000222-jij-bus_all

JR東海が建設費用を全額自前で負担する大プロジェクトであるリニア新幹線構想ですが、起点の東京は品川から、終点の大阪は新大阪に乗り入れる予定になるようです。大阪エリアも東京エリアと同じで立地条件を考えるとやはり新大阪になるのでしょうね。もっともリニアのルートについてあらゆる政治的思惑がすでに露になっているところもあるようですが、JR東海としては建設費を全額負担する以上は(JR東海として)メリットのあるルート選択を行ってもらいたいものです。

もっとも、気になるのは、時事通信の最後に記載されている

「東海道新幹線は現在の「のぞみ」中心の運転から「ひかり」「こだま」が主体になるとした。」

という文章です。つまり、大型輸送が中心であった既存の新幹線が、リニア新幹線開通後はおそらく地域輸送の役割を担う(例:東京~静岡、静岡~名古屋など)ことになるのではないか、ということです。数十年後には新幹線の役割が大きく変わりそうで非常に寂しい気もしますが、これも時代の流れなのかもしれません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。