スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宝くじの購入も減少傾向・・・

不況で夢すら買えません…宝くじ不振、3~5枚購入も(Yahoo―読売新聞)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081108-00000025-yom-soci

本当に宝くじが「不況に強い」のかどうかはわかりませんが、一攫千金を目論むのであればリスクとしてはかなり低い(と思われる)宝くじの購入が下落傾向にあるというのは非常に気になるところです。読売の記事では、購買層は中高年層が多い事などが原因として挙げているようですが、根本的には「景気がよくないため、無駄な出費を避けられるものはなるべく避けたい」という消費者心理というのもあるのではないでしょうか。それにしても「10枚」ではなくバラの「3~5枚」購入という傾向が出てきているのが非常に泣けますね。10枚購入すれば必ず1枚は当たり(末等)が入っていますが、「3~5枚」の場合はどうなのでしょうか?おそらく全てハズレという可能性もあるのでしょうね。

それでも、年末ジャンボの時期になると「それでも一攫千金を!」と願う人はたくさん出てきますから、その時の宝くじの購買状況というものを見てみないとわからないということはあると思います。当たり前のことですが、誰だっておカネはほしいに決まっていますから。そもそも冒頭の話になりますが、「宝くじが不況に強い」という根拠がイマイチよくわかりません・・・。宝くじ業務を一手に引き受けているみずほFGにしても頭の痛いところでしょうね・・・。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。