スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たまたま空想(漫画)と現実が一致したにすぎないが・・・

<島耕作>パナソニックの三洋買収 島社長「お先に」 人気漫画の「予言」が話題に(Yahoo―毎日新聞)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081108-00000032-maiall-ent

7日に正式発表されたパナソニックによる三洋電機の子会社化方針(リリース上は資本・業務提携方針)ですが、現実より前に漫画のほうで予言めいた内容のストーリーが描かれていたということが話題になっているようです。実際にはたまたま空想(漫画)と現実がほぼ一致することになってしまったにすぎないわけですが、それだけ内容としてはリアルに描かれていたのでしょう(買収の背景については漫画と現実では相当違うことはありますが)。

それでもこれだけ空想と現実が似たり寄ったりということになると、漫画家としては「してやったり」という気持ちが非常に強いでしょうし、更なるモチベーションが沸いてくるのだと思います。読み手としても「リアルで起こりそうだ」と思うことに対してより興味を持つことになるでしょうし、お互いにいい影響を与えることができるのではないでしょうか。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。