スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パソコン秋~冬モデルの特徴は「娯楽性」

国内PC秋冬モデル 次世代DVD、ビスタ… 「娯楽性」で拡販攻勢(Yahoo News―フジサンケイ ビジネスアイより)

今年のパソコンの秋~冬モデルについては、各メーカーとも「娯楽性」を特徴として販売していこうという販売戦略があるようです。その代表的製品がNECの最上級モデルである「ブルーレイ」と「HD DVD」の両次世代DVD規格に対応したパソコンを発売することであると思います。「ブルーレイ」だ、「HD DVD」だということにとらわれることのないこのNECの新製品がおそらく一番人気になるのではないかと思われます。

ただし、秋~冬モデルのパソコンは基本的にOSが「Windows Vista」であるだけに、未だに「Windows Vista」への信頼というものがイマイチ置けないというユーザーがまだまだたくさんいるだけに、メーカーの思惑通り現在冷えているパソコン市場の活性化につながるかというとどうもそうでもなさそうなのは気のせいでしょうか・・・?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。