スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日産、追加減産

日産、国内で7万2000台の追加減産 派遣社員500人削減(NIKKEI NET)

 日産自動車は14日、国内で12月以降に7万2000台分の追加減産を実施すると発表した。すでに減産を始めている2工場に加え、追浜工場(神奈川県横須賀市)や関連会社でも稼働日を減らして生産調整する。減産に伴って12月末までに派遣社員を追加で500人削減する。日米欧など主要市場で自動車需要が一段と冷え込んでいるのに対応する。

 同社は10月末に国内で期初計画比で7万5000台分の減産を発表。派遣社員も11月末で現在の半分に当たる1000人に減らす方針だった。今回の追加分で同社の減産幅は15万台弱となり、期初計画比1割以上減る見通しだ。

(ここまで)

関連:日産が追加減産、年度計画の1割強…人員削減も強化(Yahoo―読売新聞)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081114-00000060-yom-bus_all

日産自動車に限ったことではありませんが、これだけ世界的に不景気だと叫ばれると消費者は価格の高い商品・製品を購入することに躊躇する、特に家や自動車などはその対象になりやすいですし、自動車会社としても多量に自動車を生産しても売れなければ在庫として残り、これがコストとしてダメージになりますから予定生産の下方修正をするのはやむを得ないのでしょう。

日産をはじめとした日本国内でこの有様なわけですから、アメリカのクライスラーやGMなどはもっとひどい状況であることは想像に難くありません(実際、両社はアメリカ政府に「助けてくれ!」とお願いしているわけですから)。こういう状況が一時的なもので済めばいいのでしょうが、このような状況が続くと、日本の自動車会社も危険水域に入ってしまうのかもしれません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。