スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サントリー、仏飲料メーカーオレンジーナを買収へ

サントリーも、経営統合を目指す相手であるキリンと同様に海外の飲料メーカーを買収して世界的飲料メーカーを目指すことになりそうです。

サントリー、仏大手飲料メーカー買収へ 3000億円規模(NIKKEI NET)

 サントリーホールディングスはフランスの大手飲料メーカー、オレンジーナを買収することで大筋合意した。買収金額は3000億円程度とみられる。オレンジーナは欧州を中心に炭酸飲料「オレンジーナ」などの商品を販売しており、欧州各国に強固な営業網を持つ。サントリーHDは買収により欧州市場に本格参入、海外展開を加速する。

 オレンジーナは、米投資会社ブラックストーン・グループと英投資会社ライオン・キャピタルが2006年に26億ドル(約2400億円)で英製菓大手のキャドバリーから買収していた。

(ここまで)

関連:<サントリー>仏飲料メーカー買収に向け協議(Yahoo―毎日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090910-00000031-mai-bus_all

サントリーが対象にしたのはフランスのオレンジーナという大手飲料メーカーで、フランスを中心にヨーロッパ各地に販売圏があるということで、これが実現すればサントリーとしてはヨーロッパにおける販売地盤を獲得することになり、キリンと合体ということになればオーストラリアなどの販売地盤を更に加えた飲料持株会社が実現することになります。

ちなみに、買収金額は約3000億円だそうで、株式非公開のサントリーが手元キャッシュとして3000億円もあるようには思えないのですが、金額が出ているということはサントリーとしてはそれだけの出費の覚悟があるのだということなのだと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。