スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(差替)コムスンの在宅介護事業売却先が全都道府県で決まる

コムスン在宅介護事業の売却先が全都道府県で決定、公表されました。コムスングッドウィルの不祥事が原因の介護事業売却はとりあえずは一区切りついたものと思います。

<コムスン>在宅系事業の売却先決定 営利企業が大半占める(Yahoo News―毎日新聞より)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070904-00000106-mai-soci

在宅介護事業売却の傾向としては東日本はジャパンケアサービスが、西日本はセントケアが非常に多く、ニチイはそれほどでもなかった(ただし施設介護ニチイに譲渡することが決まっている)というのが印象です。

グッドウィルとしてはこれまで培ってきた介護のノウハウをほとんど伝えることなく(といっても介護の現場にいる人はコムスンから移籍する形に割るわけですが)介護事業を切り離してしまうという、自業自得ではあるものの非常にもったいないことをしてしまったと感じているのではないでしょうか。グッドウィルはこれで安心できたわけではなく、次は「データ装備費」の遡及返還問題が待ち受けていますから一難さってまた一難というところだと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。