スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

消費者庁が入っているビルの賃料

消費者庁ビル選定、1時間40分の会議1回で(Yahoo―読売新聞)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090926-00000128-yom-soci

問題となっているのは、消費者庁が入っているビルの賃料が年間8億円、つまり月額にすれば6667万円もかかっているということに加えて、ビルの選定もわずか2時間足らずで終えてしまったということのようです。拡大解釈かもしれませんが、どうも「まずハコモノとしての消費者庁ありき」という感じがしてなりません。消費者庁という案ができてから実際に実現するまでの時間が足りなかったというエクスキューズもできるでしょうが、外(=野党)から見てきた者からすれば「無駄の象徴」であったのでしょう。

選定条件は立地>賃料だったようですが、基本的には間違ってはいないと思いますし、これが賃料>立地だったりすると条件のあまりよくない場所になってしまいますから、国としても妥協の産物ではあったと思います。来年の4月からは現在のビルを引き払うようですが、賃料>立地に適した場所は見つかるのでしょうか。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。