スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JAL、今後約2年間で4500億円の支援が必要・・・

今後約2年でJALとしては再建費用として4500億円というカネがかかるのだということを国土交通大臣=国=オーナー様に述べたということです。

日航再建に4500億円、11年3月末までに(Yahoo―読売)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090927-00000114-yom-bus_all

読売だけでなく、一部テレビでも放送されていたようなので、おそらく事実なのでしょう。産業再生法の適用をお願いしたいというのはこのこともおそらく背景にあるのでしょう。そして、大臣としてもこういった内容を聞いて「うーん・・・」と難色を示したのは間違いないでしょう。このような事実がある意味明るみになってしまうと外資航空会社から「カネをせしめる」こともちょっと怪しげな雰囲気にもなりかねません。

いずれにしろ、JALはとにかく「カネ」が足りない、手元キャッシュも予想以上に残されていないということを晒してしまったことになるでしょう。いくら国=オーナーの支持がある程度期待できるとはいえ、その前にキャッシュが尽きれば企業としてはお終いです。JALはこういう事実を晒してまでも「なんとか助けてください」というお願いをしていることになりますが、国=オーナー直属の再建チームはこのお願いに対してどのような「救済策」を出すのかが気になってしまいます。JALの命運はこの再建チームの動向にかかってくることになるでしょう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。