スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三越、早期退職制度の更なる拡大へ

三越、早期退職制度改定で労使合意 人件費削減急ぐ(NIKKEI NET)

 三越伊勢丹ホールディングス傘下の三越は26日、早期退職制度の改定について労使間で合意した。50歳以上の社員を中心に割増退職金を従来より手厚くする。対象を40歳未満の社員にも広げ、年内にも希望者からの申し込みを受け付ける。今年度中に正社員の2割弱に当たる1000人程度が退職する見通しだ。高コスト構造から脱するため、人件費の削減を急ぐ。

三越が早期退職金上積み…最大2000万円(Yahoo―読売新聞)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090926-00001147-yom-bus_all

事実上、伊勢丹に主導権を握られて経営統合をさせられることになった三越伊勢丹傘下の三越ですが、池袋を失うくらい状況がよくないことに加えて人件費含めた高コスト体質から脱却するために早期退職の制度を更に拡大するようです。三越の社員としてはできるなら応募には応じたくないに決まっているでしょうが、それでも結果的にはそれなりに退職制度の応募者は出てくるのでしょう。企業経営側とすればそれだけ特損が増えるのであまりこのような制度はカードとして切りたくはないのでしょうが・・・。

それだけ大百貨店を取り巻く環境が悪化しており、それを抜け出すための手立てがいくら捜しても有効なそれが見つからないという現在の状況であれば、やはり「外から」でなく「中から」手をつけなければならないのでしょうね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。