スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京モーターショーは「エコ」が主役!?

次世代エコカーの開発加速、日本勢が電動技術で優位(NIKKEI NET)

 日本の自動車各社が次世代エコカーの開発を一斉に加速している。電気自動車ではすでに商品化している三菱自動車、富士重工業を含む大手5社が7日までに車両を公開、ハイブリッド車ではダイハツ工業を除く7社が事業拡大や参入を計画している。欧米やアジアの自動車大手がエコカーの開発に力を入れる中、日本勢は電池素材や電力制御など「電動技術」の厚みを生かして先行維持を狙う。各社は最新の開発成果を24日に一般公開する東京モーターショーに出展する。

東京モーターショー 「ガソリンから電気」加速 環境高性能で存在感アピール(Yahoo―ビジネスアイ)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091007-00000028-fsi-bus_all

間もなく開催される東京モーターショーの主役はどうやら「エコ」になりそうです。ここ近年でエコカーハイブリッドカーといった「エコ」に優しい自動車が発売されているのはご承知の通りですが、現在の自動車より更に進化させた「エコカー」を東京モーターショーに自動車各社が出店することになります。自動車の技術が世界で一番優れているのは日本ですから、あらためて「日本の技術力」というものをアピールするための絶好の機会であるともいえるでしょう。

もっとも、実用を前提とした技術だけでなく、現時点では実用は難しいものの将来的には進化させて実用化させたい技術というもの出てくるので、その点でも各自動車会社の開発技術というものが問われていく展示会になるのでしょう。自動車産業にとっては「エコ」は避けることのできない最大の課題ですから。

タグ : 自動車 エコカー ハイブリッドカー エコ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。