スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JAL再建に関する新報道。今度は再生支援機構の活用案

毎日のように報道されるJALの経営再建に関する報道、今度は産経が別の新しい報道を載せています。

日航再建、企業再生支援機構を活用へ 公的資金で救済(Yahoo―産経新聞)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091018-00000511-san-bus_all

JALの経営再建に関する報道がそれこそ毎日のように報道されているわけですが、今度は産経が別の新しい報道、新設の企業再生支援機構を活用して経営再建を行うのではないかという記事を載せています(いまのところこの記事を載せているのは産経だけ)。昨日も書きましたが、再建チームの素案がどうも受け入れることができなさそうということで、それならば新しく設立された公的機関である再生支援機構を活用することで(特に主力取引銀行を)納得させようというのが再建チームの考えなのでしょうが、果たして支援機構の活用で納得することができるのかはきわめて不透明であることは言うまでもありません。

ただし、法的整理については事実上行わない=国が絶対に救済すると国(=国土交通大臣)が宣言した以上は、法的整理以外の方法で再建を行わなければならないことも事実なので、限定された選択肢の中で利用できるものは何でも利用しようというのは決して間違いではありません(そのしわ寄せが波及してしまったとしても)。銀行団としては、我々が痛まないような再建方法を望んでいるに違いありませんが、ここまで来るとそれは期待薄ですね。当然こういう状態にしてしまったJAL(とその周辺事情)に大きな責任があるわけですが・・・。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。