スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

郵政西川社長、「外堀を埋められ」辞意へ

日本郵政の西川社長が「外堀を埋められ」ついに辞意を固めざるを得ない状況に追い込まれてしまいました。

日本郵政の西川社長辞任へ 政権交代で続投困難(asahi.com)

日本郵政グループの持ち株会社である日本郵政の西川善文社長が辞任する方針を固めたことが19日、わかった。政権交代で、西川氏が就任以来めざしてきた持ち株会社などの早期上場が不可能になったため。鳩山由紀夫首相や閣僚が西川氏の辞任を要求しており、続投はもはや困難と判断したとみられる。

 西川氏はすでに複数の関係者に辞意を伝えた模様で、早ければ週内にも辞意を表明する見通し。関係者によると、後任社長の人選はすでに固まっているという。民営化以来、24万人が働く巨大グループのかじ取り役をつとめた西川氏の辞任により、小泉政権が進めた郵政民営化は大きな転換点を迎える。

西川・日本郵政社長が辞意、月内にも新体制(Yahoo―読売)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091020-00000112-yom-bus_all

政権交代の余波は日本郵政の人事にも影響してくることになります(当然「企業」としての日本郵政の経営戦略にも影響するのですが)。前政権時代には政権のバックアップにより「弟」の総務大臣(当時)を切る以外はほとんどが味方であった日本郵政の西川社長が、「兄」が政権を奪ってからは味方が全くいなくなり、「兄」はじめあらゆる方面からプレッシャーを受ける始末、朝日の記事の通り「外堀は埋まりつつあった」状態になってしまったわけです。

次のトップが誰になるのかは分かりませんが、これまでの経営戦略とは180度違った経営戦略が要求されるわけ(極端に言うと、公営時代レベルに逆戻りさせられるくらいのレベルになってしまう)で、そういう中で「大企業」のトップとしての責任を果たすのは非常に辛い立場になってしまいますが、それでも「国(=亀井大臣)の言いなりにはならない」という強い意志の持てるトップが就任することを願いたいです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。