スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「官業」に近くなった日本郵政の役員構成

郵政副社長も大蔵OB 新経営陣18人固まる(asahi.com)

日本郵政グループの持ち株会社である日本郵政の新経営陣が27日固まった。副社長には旧大蔵省OBである坂篤郎(あつお)・元内閣官房副長官補のほか、足立盛二郎(せいじろう)・元郵政事業庁長官らが内定。社外取締役に岡村正日本商工会議所会頭ら13人も起用する。28日から斎藤次郎新社長の下で始動するが、官僚OB頼みの新体制には批判も強まりそうだ。

 亀井静香郵政改革相が27日夕、記者団に明らかにした。社外取締役の候補者は、法曹界や学界、電力・通信業界など幅広い分野から起用した。郵便局を、地方と都市の「格差是正の拠点」とするとの政府の民営化見直し方針に沿って自治体の首長や地場産業の関係者も入ることになった。

<日本郵政>副社長に元官僚2人 取締役を倍増(Yahoo―毎日新聞)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091028-00000004-mai-bus_all

ものの見事な「官業逆コース」といってもいい日本郵政の新役員の構成になりそうです。本当にサービスがよくなるのであれば別に官業だってかまわないわけですが、その際には「官業に戻す。その理由は・・・」という具体的な説明が必要なことは言うまでもありません。これではいくら「民営化見直し」と言い張っても誰も納得しませんよ。

社内外の取締役を見ても、マネジメントとは程遠い人が招かれたわけですが、こういった人はこの「逆コース化」とどのように考えているのでしょうか、一度聞いてみたいです(どうせマネジメントとは程遠い頓珍漢な発言が出てくるのでしょうが)。いくら政権が変わったとはいえ、これまで民営化に関わった人の努力がほぼ全て無駄に終わってしまったのは非常に残念です。こういった人たちは(もう始まっていますが)ネガティブキャンペーンを続けていくことになるのでしょう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。