スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JAL、2Q決算でついに「GC注記」がつく

皆さんお待ちかね(!?)のJALの2Q決算が発表されました。

経営再建中の日航、最大規模の営業赤字957億円(Yahoo―産経新聞)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091113-00000586-san-bus_all

JALの2Q決算リリース

業績・配当予想修正のリリース

事業再生ADRの手続きに関するリリース

決算内容は日経はじめ各社が予想していた以上に悪い結果がズラッと並んでいます(なお、旅行企画部門やカード部門が営業黒字であったのは意外でした)。ご存知の通り、事実上国の傘下に入れられてしまっているうえ、再建計画にしても国の意向もあるため業績予想や配当予想は一切の白紙状態になっています。

また、すでに報じられていた事業再生ADRの申請も正式に発表し、再生支援機構の支援も含めて再建計画を練っていくようなのでその点は期待してもいいのではないでしょうか。

もっとも、JALで問題になっているのが企業年金の積み立て不足などのいわゆる「隠れ債務」問題ですが、その解決のメドは国の方針次第ということになってしまっており、非常に不確実性が高いです。そして、目立たないけれども注目しなければならないのが、決算リリース16ページにあるように、ついにJALにGC注記がついてしまったことです。再建できない限りこのGC注記=危険な状態は続くので、非常に辛いことに変わりはありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。