スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グーグルの書籍検索訴訟、ひとまず和解案を提出

グーグルの書籍検索に関する訴訟で、ひとまず和解案が裁判所に提出されたようです。

グーグル書籍検索訴訟で修正和解案提出 米英などの書籍に限定(NIKKEI NET)

 インターネットで絶版本などを検索・閲覧できる米グーグルの書籍検索を巡る訴訟で、グーグルと米出版界は13日、修正した和解案を米ニューヨークの連邦地裁に提出した。対象を米国の連邦著作権登録局に登録された書籍か、英国、カナダ、オーストラリアで出版された書籍に限定することなどが柱で、従来の和解案に比べ大幅な修正となった。

 グーグルと米出版界が2008年に合意した従来の和解案では、著作権の国際条約の関係から海外の著作物にも効力が及ぶ。フランス、ドイツ両政府が和解案に反対する意見を米連邦地裁に提出。日本の著作権者の一部からも異議が出ていた。

グーグル訴訟に修正和解案、日本の出版物除外(Yahoo―読売)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091114-00000830-yom-soci

見ている限り、内容的にはグーグルが訴訟を受けて大幅に譲歩したのではないかと思われるような和解案のように思えます。グーグルといえば真っ先に思い浮かぶのが検索ですから、検索事業でビジネスチャンスがあると判断したらそれを実行に移そうとしたものの、「著作権の壁」に阻まれた感じがします。

ライバル企業などは「不満足」と言及していますが、これはグーグルが検索で非常に強いからこその浴びてしまう批判だといえるでしょう。問題がこじれている以上「ベスト」の答えは望めませんが、「ベター」な答えは裁判所も考えていることでしょう。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。