スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続・ポッキー、価格維持のために1割減量

<グリコ>「ポッキー」内容量1割減で価格維持 原材料高で(Yahoo News―毎日新聞より)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070905-00000138-mai-bus_all

日本はあらゆる製品の原材料を輸入に頼っているだけに原材料が高騰するとその影響をまともに受けてしまうということは日清カップヌードルなどの値上げのところで書きましたが、グリコの人気の菓子であるポッキーは何と内容量を1割減らすことで何とか現在の価格を維持しようという涙ぐましい努力をするようです。製造コストという点からすればまさにギリギリの線ではないでしょうか。我々消費者としては楽しみが減ってしまいますが、グリコの涙ぐましいまでの企業努力を考えれば批判をすることは無理があると思います。


当然現在の内容量のままでは現在の価格では作るだけ赤字を垂れ流すことになるのは確実でしょうから、グリコとしても苦渋の決断をしたのだと思います。カップヌードルポッキーだけでなくあらゆる食品で今後も価格の値上げや価格維持のための量の減少ということは出てくるでしょうが、これに対して何にも手を打つことができないというところが非常に歯がゆく、無念だと感じている人は多いと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。