スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「現代用語の基礎知識」が「Wikipedia」にとって代わられる日

本当に独り勝ち?「イミダス」「知恵蔵」休刊(Yahoo News―産経新聞より)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070906-00000930-san-bus_all

現代用語の基礎知識」の類の雑誌である「イミダス」と「知恵蔵」が雑誌としては「廃刊」(休刊とは書いてあるものの内容的には廃刊なので、以下廃刊と記載)し、Web上限定で存続させることになったため、パイオニアの「現代用語の基礎知識」だけが雑誌として生き残ることになりましたが、その「現代用語の基礎知識」もピーク時に比べればかなり販売数は落ちているので上記2誌のように「廃刊」となってしまうかもしれません。

それではそれらに代わるものが存在するのかといえば、あります。「Wikipedia」です。「現代用語の基礎知識」などは「有料」でデータベースがある=検索するためにはお金を払わなければなりませんが、「Wikipedia」は「無料」です。その用語検索の精度を考慮せずに考えればどちらを利用するかは一目瞭然だと思います。「現代用語の基礎知識」はなお雑誌として残していくようですが、将来的には「Wikipedia」に取って代わられる日がやってくるのかもしれません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。