スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

確定拠出年金、8万人が運用せず放置

確定拠出年金、8万人分の掛け金211億円を放置(Yahoo News―読売新聞より)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070906-00000213-yom-pol

読売の記事で話題にしているのは「企業型」の確定拠出年金ですが、「企業型」の場合は運用すべき金融商品(投信など)を企業が用意してくれて、企業が本人の掛け金に応じてその金額を出してくれるわけです。本人は運用すべき金融商品を選択すればその分年金資産が増える(場合によっては減る)ということになります。公的年金と違って自己責任で運用しなければなりませんが、その年金資産は自分のものとなります。

その年金資産を転職先などが確定拠出年金を使用していないなどの理由でこの年金資産を運用せず放置している人が8万人もいるということのようですが、これについては企業における理解度の格差や運用情報の格差というものが原因になっていると思います。しかもこの年金資産は原則的に中途解約はできませんから、長期間「塩漬け」になってしまう可能性が十分にありえるわけです。その点も年金資産を抱えている個人がしっかり理解しているかということも十分に気をつける必要があると思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。